マウル師、キット師のセミナー2

その後、この素振りを対人で練習します。

ただの素振りであったものが、武術として意味をなしてきます。

 ちょうど「ベスト・キッド」の「ワックスを塗る!ふき取る!」が空手の防御の動きになっていることに感動する主人公と同じでしょう。

 ああ、この手の動きはこういうことか、という感動。

 この手法はぜひ見習いたいと思います。

 

 そのあとは基礎的な攻防を素手で練習しました。いわゆる「パナントゥカン」「ダーティ・ボクシング」と呼ばれるテクニックですね。

 詳しい説明はありませんが、随所に肘打ちの暗打(隠し技)が含まれています。

 しかもかなりの長手数。

 次第にキット先生の本領が発揮されてきました。面白い!

 タクティカル・シラット 岩田

 

タクティカル・シラット

インドネシアやマレーシアなどの東南アジアで広く普及している武術「シラット」。  そのシラットを練習している「タクティカル・シラット」という団体です。  組手練習で、打撃、関節、テイクダウン、拘束、武器術(カランビット、ナイフ、スティック)等を行います。  興味のある方はお気軽にお問合せ下さい(*'▽')

0コメント

  • 1000 / 1000