格闘技と武術について3

 今までに、いわゆる格闘する技術は練習方法により2つに大別でき、そのうちのひとつは相手を壊してしまう、または殺してしまうような危険な攻撃は禁じる反面(ルールの制定)、ルール内では全力で攻撃し合い、かつ試合という形式で争えるもの、すなわち「格闘技」と呼ばれるものでした。

 これに対してもうひとつは、一番効果的な、一般的に禁じ手と呼ばれる攻撃(目潰し、喉潰し、噛みつき、指折り、金的など)を取り混ぜながら、または武器で相手を攻撃する練習するを反面、全力でそれらの攻撃を当てると相手が怪我をしてしまうので当てる寸前で止めたり、手加減したり、または型稽古をする練習方法です。これが武術と呼ばれるものですね。

 武術は危険で効果的な技術を習得できる反面、全力で攻撃し合うことをせず、また相手が攻撃に抵抗することも原則ありませんので(そういう練習をしているところもありますが、それも想定に則って行われていますね)、筋力を鍛え攻撃に耐えられる体を作りスタミナをつける必要がありません(むしろ「技の習得」という意味では筋力は有害ですらあります)。もちろん武術の流派によっては「強さ」のためにそれらを鍛えるトレーニングをしているところもありますが、武術の習得自体に必要なものではありません。

 禁じ手や武器による攻撃は、筋力に基づく強い打撃である必要はありませんので、強く攻撃するためのトレーニングをしないことが多く、素手では格闘技の攻撃よりも打撃力は劣ることが多いです(その分効果的な攻撃方法の習得に心血を注ぐわけですが)。またその武術が想定している攻撃以外は対処が難しいです。そして相手が全力で攻撃してきた場合、それに耐えうる体に鍛え上げていない事がままあります(武術的には受けないのがが最良ということもあるでしょうが)。さらに長時間動き回ることも想定していない武術では、スタミナもあまりつきません(もちろんその武術的にはスタミナは必要がないという考え方なわけです)。

続きは次回に…タクティカル・シラット 岩田

タクティカル・シラット

インドネシアやマレーシアなどの東南アジアで広く普及している武術「シラット」。  そのシラットを練習している「タクティカル・シラット」という団体です。  組手練習で、打撃、関節、テイクダウン、拘束、武器術(カランビット、ナイフ、スティック)等を行います。  興味のある方はお気軽にお問合せ下さい(*'▽')

0コメント

  • 1000 / 1000