カランビットのお話(まとめ)

 ※以下は2018年2月~3月に書いたカランビットのお話5回分をまとめたものです

【第一回】

 シラットに興味を持つに至った過程は様々ですが、大概は大きく2つに分けられると思います。

 ひとつは映画やドラマ、アニメなどでのシラットのアクションシーンを見てシラットに興味を持つパターン。もうひとつはカランビットという武器にまず興味を持ち、そこからシラットに興味を持つパターンです。それ程カランビットはシラットと密接なつながりを持つ武器だと言えると思います。ちなみに私はシラットを何も知らないまま友人に誘われてセミナーに参加し、そこからシラットに興味を持ち始めた珍しいケースです(笑)。

 そんなシラットと非常に密接なつながりのあるカランビットですが、その魅力は意外と知られていません。知られていないというか、それを伝えられる人があまりいないのですね。

【第二回】

 カランビットの特徴は大きく2つあり、ひとつはフィンガーリングと呼ばれる指を通すための輪があること、もうひとつは刃が三日月状に曲がっていることですね。

 そしてその特徴が武器としての様々なメリットを生み出しています。

 まずフィンガーリングについて。

 元々カランビットは農耕具だそうです。小型の鎌のように使います。

 通常の鎌ですと高いところにある木の実を採ったりする際、握力が利かなくなったり滑ったりして下に落としてしまうと危ないですし、拾いに行くのも大変です。

 そこで、フィンガーリングを付けて小指に通して握ることを一人の天才が思いついたのでしょう。これにより下に落とさなくなったばかりか、強く握らなくてもグリップが滑らなくなり手も疲れなくなりました。

 この利点が武器としてカランビットを使う際にも実に重要な利点となります。

 一つ目は、武器を落とさなくなること。

 ナイフなどの小型の武器同士で戦う場合、相手の武器を持っている手を攻撃する「デファング・ザ・スネーク」という武器術の最重要コンセプトのひとつがあります。

 要は相手にナイフなどの武器を使わせないようにすることを第一目標に置くわけです。

 このデファング・ザ・スネークはなにも武器で攻撃するだけではなく、例えばストリートでのナイフファイトの場合、靴で相手のナイフを蹴り上げて落とすというコンセプトがありますが、カランビットはこの手の攻撃が効きにくいのです。蹴りが見事にカランビットに当たってもナイフ等とは異なり下に落ちることはまずありません(手は痛いと思いますが(笑))。

【第三回】

 続きとして、フィンガーリングがついていることの他のメリットを書きたいと思います。

 これは武器が手から離れない事と共通するのですが、離れない事で生じるメリット、それはカランビットを持った手で相手の手首などの「物を掴める」という事です。

 近代シラットの武器術では武器を持っている手を”Dead Hand(死んだ手)”、武器を持っていない手を”Live Hand(生きている手)”と呼びます。私が初めてこれを聞いたとき、逆ではないのかと思いましたが、理由を聞いて納得しました。

 つまり、武器を持ってしまうと武器以外の物を掴むなどの事ができなくなるため、用途が武器を持つことだけに限られるという意味でデッドハンドと呼ぶのです。

 しかし、カランビットは手を開いても手から離れず、武器を持った手で相手の手首などを掴むことができるのです。

 例え両手にカランビットを持ったとしても、両手ともライブハンドのままなのです。

 これにより、ナイフ術よりもカランビット術の方が攻撃のバリエーションが格段に増えるのです。

【第四回】

 今回はフィンガーリングの利点の3つ目です。

 カランビットとナイフを目の前に出し、どちらかを使って戦って下さいと言ったらほぼすべての人はナイフを選ぶはずです。もちろんナイフやカランビットの大きさ、刃渡り、両刃かどうかという点も影響しますが、通常ナイフの方が刀身が長いものが多いでしょう。

 その刀身の長さが戦闘においては圧倒的に有利ですので、ナイフの方が魅力的に映るはずなのです。

 カランビットはその点においてナイフに一歩リードを許すことになります。

 しかし、それを補う技術として「フレイル(エクステンド)」という技術があります。

 人差し指に掛けたカランビットを前に振り出して打ったり切ったりする技術です。

 これによりグリップ一つ分の刀身を稼げますので、刀身の短いカランビットでもナイフと対抗できるのです。

 またこの技術により相手のガードを掻い潜ってダメージを与えることができるようになります。

【第五回】

 今まで述べてきたようにカランビットはフィンガーリングがあることにより様々なメリットがありました。

 今まで述べてきた事以外にも、握る手がつかれない、武器が滑らない、リング部分で攻撃できるなどメリットの枚挙に暇がありません。

 そしてさらに、カランビットはその三日月状の刀身から実にシラットの攻撃方法と親和性が高い武器と言えます。

 つまりシラットの突き、拳槌(ハンマーパンチ)、肘の攻撃方法がそのままカランビットで活かせるのです。

 すなわち、突きは刃の先端部分、拳槌は外刃、肘(またはフック・アッパー)は内刃の攻撃とそのままリンクしているのです。

 素手で攻撃するようにカランビットで攻撃すればそのままカランビットを使えることになります。

【加筆】

 それだけでなく、フレイルの際先端が曲がっているためカランビットを引くことで容易に切ることができますし、フックアッパー系の突き(ソンキット)で攻撃すると刃が食い込むように切れるので大ダメージを与えることができます。

 以上のようにカランビットは凄い武器なのです。


 

タクティカル・シラット

インドネシアやマレーシアなどの東南アジアで広く普及している武術「シラット」。  そのシラットを練習している「タクティカル・シラット」という団体です。  組手練習で、打撃、関節、テイクダウン、拘束、武器術(カランビット、ナイフ、スティック)等を行います。  興味のある方はお気軽にお問合せ下さい(*'▽')

0コメント

  • 1000 / 1000