バートン・リチャードソン師のセミナー

 昨日10月9日(月・祝)、バートン・リチャードソン先生の東南アジア武術セミナーがありましたので参加してきました!

 午前はダブルスティックのコンディショニング、コンビネーション。

 メインはナイフドリルで、スタブに対するブロック→カウンタースタブから9段階の進化を学びました。

 午後はやはりダブルスティックコンディショニングから、エスパダ・イ・ダガの定型ドリル、フリードリル。

 以降は徒手で、サプーで体崩しをしてからの打撃コンビネーション。サプーの掛け方を数種学びました。

 その後はムエタイの首相撲をやって終了しました。

 バートン先生のセミナーの魅力は一言では語りつくせませんが、ひとつは様々な武術・格闘技をマスターされた先生ならではの各武術・格闘技間の技術の比較。

 もうひとつは全体を通じて一つのテーマに則って行われているという事だと思います。

 実に充実した一日でした! 

 タクティカル・シラット 岩田

 

 

タクティカル・シラット

インドネシアやマレーシアなどの東南アジアで広く普及している武術「シラット」。  そのシラットを練習している「タクティカル・シラット」という団体です。  組手練習で、打撃、関節、テイクダウン、拘束、武器術(カランビット、ナイフ、スティック)等を行います。  興味のある方はお気軽にお問合せ下さい(*'▽')

0コメント

  • 1000 / 1000